So-net無料ブログ作成
検索選択



BD-R計測 ブログトップ
前の10件 | -

Hidisc 6倍速BD-Rを計測したらダメな子でした [BD-R計測]

Hidisc6_50pack.jpg
50枚入りで約3,000円のHiDisc6倍速BD-Rを計測してみました。
例によってBDR-203(1.13)にて焼き・DH-4O1Sにて計測です。

まずはメディアID等は


PIONEER BD-RW BDR-203 1.13 (ATAPI)
Current Profile: BD-R

Disc Information:
Status: Empty
State of Last Session: Empty
Erasable: No
Free Sectors: 12,219,392
Free Space: 25,025,314,816 bytes
Free Time: 2715:27:17 (MM:SS:FF)
Next Writable Address: 0
Supported Write Speeds: 2x, 4x, 6x, 8x

BD Disc Information:
Disc ID: CMCMAG-BA5-00


こんなカンジ。

適当なデータを4倍速で20GBほど焼いてみた計測結果がコチラ
cmc6_x4.gif
あれ、ちょっとヒドイ。



遅すぎるのも逆に良くないよね、ということで定格の6倍速でGO
cmc6_x6.gif
悪化しました。



すでに後悔していますが、最後に2倍速で
cmc6_x2.gif
10~12GB程度まで2倍速で焼くのなら問題なさそうと前向きにとらえてみる。



最新のドライブなら話は変わるのかもしれませんが
BDR-203では6倍速CMCメディアは避けた方が賢明だと思われます。
新しいファームウェアを出してくれれば
BDR-203でも対応可能な気もしますが。

今年1月にRitekの4倍速BD-Rを購入したところ、
意外なほど綺麗に焼けたので、海外産&海外ブランドでも大丈夫では?
なんて色気を出した結果がこの通り。




BDR-203(1.13)でUAE産TDK4倍速BD-Rを焼いてみた [BD-R計測]




春頃にBD-Rを1枚100円で100枚購入した時には、
もう今年いっぱいは大丈夫だろうと思ったものですが、
ワールドカップの試合を片っ端からtsファイルで残してみたら
あっという間になくなってしまいました。

そこでまた大引屋で1枚130円でTDKの4倍速BD-Rを70枚購入。
型番は BRV25PWB10S とのことですので台湾CMC製ではなく国産orUAE産TDKのはず。
101208tdk_01.jpg
101208tdk_02.jpg

やってきたのはUAE産でした。


ただ懸念されるのは、BDR-203のファームウェアを1.13に更新したことです。

古いファームウェア1.11までのBDR-203はUAE産BD-Rに対して非常に良好でしたが、
新しいファームウェアをのっけたBDR-205はUAE産と相性が良くありませんでした。

PIONEERの方針としてもうUAE産に用はないと考えているのなら
BDR-203の新ファームウェア1.13では、
UAE産TDKに対してBDR-205並みに悪い結果になってしまっている?


そこで1枚焼いて計測してみました。


PIONEER BD-RW BDR-203 1.13 (ATAPI)
Current Profile: BD-R

Disc Information:
Status: Empty
State of Last Session: Empty
Erasable: No
Free Sectors: 12,219,392
Free Space: 25,025,314,816 bytes
Free Time: 2715:27:17 (MM:SS:FF)
Next Writable Address: 0
Supported Write Speeds: 2x, 4x, 6x, 8x

BD Disc Information:
Disc ID: TDKBLD-RBB-00


101208tdk_03.gif



ちょっとこれは・・・。
外れメディアを引いたのかもしれませんが、明らかに1.11の頃よりも悪い結果です。
ちなみに2010年4月にBDR-203(1.11)で焼いたUAE産Victor4倍速BD-R(TDK)の結果がコチラ。
101208tdk_05_april.gif



なら、BDR-203のファームウェアを1.11に戻してみたら?ということで
エスティトレードのサイトでファームウェア1.13へのリンクを1.11に書き換えて
ダウンロードに成功。
しかし、1.11にしようとしても「既に最新」と出て変更できない orz


たぶん無駄だとは思うのですが、BDR-203(1.13)2倍速でじっくり焼いてみた結果がコチラ
101208tdk_04.gif


あら、上ヒゲがあるものの結構いいかんじ。
先に4倍速で焼いた物の結果が悪いのはファームウェア1.13のせいではないと判明しました。
メディアの個体差と判断してもよさそうです。




BDR-203(1.13)で2009年春に購入したTDK国内産2倍速BD-Rを焼いてみる [BD-R計測]



棚の奥から去年(2009年)のゴールデンウィーク前に
BDR-203と一緒に購入したTDKの国内産2倍速BD-Rが出てきたので
ちょっと計測してみました。
10枚組でちょうど3,000円。
101115_TDK_001.jpg
101115_TDK_002.jpg

BDR-203(1.13)&Imgburn(2.5.1.0)で2倍速焼き・DH-4O1Sで計測

PIONEER BD-RW BDR-203 1.13 (ATAPI)
Current Profile: BD-R

Disc Information:
Status: Empty
State of Last Session: Empty
Erasable: No
Free Sectors: 12,219,392
Free Space: 25,025,314,816 bytes
Free Time: 2715:27:17 (MM:SS:FF)
Next Writable Address: 0
Supported Write Speeds: 2x

BD Disc Information:
Disc ID: TDKBLD-RBA-00


計測結果がこちら
101115_TDK_BDR2.gif


パッケージ写真からも分かるとおり初期型のBD-Rなわけですが、
えらく良い結果が出ました。
というか、今のところ最高です。

もう一度気合いの入ったメディアを作ってくれたらなぁ。




BDR-203(1.13)で国産三菱BD-R DL を検証してみる [BD-R計測]




ファームウェア1.11で焼いたところ、
予想に反してえらくダメな結果になってしまった国産三菱BD-R DLでしたが
先日アップされたファームウェア1.13ではどうなったのか検証してみました。



PIONEER BD-RW BDR-203 1.13 (ATAPI)
Current Profile: BD-R

Disc Information:
Status: Empty
State of Last Session: Empty
Erasable: No
Free Sectors: 24,438,784
Free Space: 50,050,629,632 bytes
Free Time: 5430:52:34 (MM:SS:FF)
Next Writable Address: 0
Supported Write Speeds: 2x

BD Disc Information (L0):
Disc ID: VERBAT-IMb-00



BDR-203(1.13)&Imgburn2.5.1.0にて2倍速焼き
DH-4O1Sにて計測


結果がコチラ
203_113_mitsubisibdr_dl.gif


えらく改善されています。
というか、これなら何の問題もありません。
実は以前三菱製BD-R DLを計測して以来、
そのあまりの結果の悪さにずっと三菱を敬遠していたのですが、
これなら喜んで買っていきたいと思えます。
いや、悪いのはBDR-203のファームウェアなんですけどね。

ちなみに、BDR-203(1.11)の時の三菱製BD-R DL 計測結果はコチラ
mitsubishidl_.jpg

本当にひどかった・・・




BDR-203のファームウェアが1.13に [BD-R計測]



長らく放置されていたPioneerのBD-Rドライブ BDR-203 のファームウェア
2010年10月08日付けで更新されていました。
1.13です。
1.11が出たのが2009年12月頃だったのでほぼ1年ぶり。


URLはこちら
http://pioneer.jp/device_e/product-e/ibs/device_e/dev00001r_e.html#firmware1


変更点は
・Support New BD-R Media
・Support New BD-R LtoH Media
・Support New BD-R DL Media
・Support New DVD-R Media
・Improvement of BD-R Recording Quality
とのことなので、1.11で最悪の結果を叩き出したあの方で試してみました。
bdr203113_001.jpg
bdr203113_002.jpg

中国産のPhilips製4倍速BD-Rです。
1枚だけ残っていました。


PIONEER BD-RW BDR-203 1.13 (ATAPI)
Current Profile: BD-R

Disc Information:
Status: Empty
State of Last Session: Empty
Erasable: No
Free Sectors: 12,219,392
Free Space: 25,025,314,816 bytes
Free Time: 2715:27:17 (MM:SS:FF)
Next Writable Address: 0
Supported Write Speeds: 2x, 4x, 6x, 8x

BD Disc Information:
Disc ID: PHILIP-R04-00



BDR-203(1.13)&Imgburn2.5.1.0で4倍速焼き
DH-4O1Sにて計測

結果がコチラ
bdr203113_03.gif


・・・悪化してるとは予想外。
これでもImgburnで焼いた後のベリファイは通ったうえ、
DH-4O1Sでのマウントも早かったんですが。




三菱製BD-R DL(日本産)を検証したらひどい結果に [BD-R計測]



三菱のBD-R DL(原産国:日本)を検証してみました。
BDR-203(1.11)で2倍速焼き&DH-4O1Sにて計測。

mitsubisi_bd-r_01.jpg
mitsubisi_bd-r_02.jpg

さきに結論を述べますと、とてもひどいです。
中国産フィリップスに並ぶような国産メディアに驚きました。
単なるメディアの個体不良であって欲しいのですが、
2パック20枚を買って2枚ずつ焼いてみても同傾向だったのでどーしようもない。

BDR-203で読み込んでみたのがコチラ

PIONEER BD-RW BDR-203 1.11 (ATAPI)
Current Profile: BD-R

Disc Information:
Status: Empty
State of Last Session: Empty
Erasable: No
Free Sectors: 24,438,784
Free Space: 50,050,629,632 bytes
Free Time: 5430:52:34 (MM:SS:FF)
Next Writable Address: 0
Supported Write Speeds: 2x

BD Disc Information (L0):
Disc ID: VERBAT-IMb-00
Disc Type: BD-R


で、計測結果がこれ。
mitsubishidl_.jpg


産廃です。
国産なのに安かったから手を出してみたら大失敗。
BDR-203やDH-4O1Sが悪いのか?とも考えられるので
Panasonic・Sony・VictorのBD-R DLメディアを焼いて検証してみました。


Panasonic2倍速
panadl_.jpg


Sony4倍速
sonydl_.jpg


Victor4倍速(中国産)
victordl_.jpg


どれもマトモです→つまり三菱メディアがかなりアレ・・・
Pioneerが新しいファームウェアを出せば話が変わるのかもしれませんが
もう事実上望みはない以上、BDR-203で三菱のBD-R DLメディアに挑むのは
無謀と呼ぶほかありません。




大引屋で買った1枚100円の国産無機BD-R [BD-R計測]




100527_oobiki_bdr.jpg
先週末に大引屋にて国産無機BD-Rが1枚100円で処分されていたのでまとめ買いをしました。
去年購入したこともあるVictorの国産2倍速BD-Rです。
55枚+追加で60枚=合計115枚になります。

実は去年買った物は、計測してみるとちょっと外周が弱かったり
謎の白い粉状のゴミがメディアの裏面に多数付着していたり・・・と
あまりよろしくない品質だったのですが、1枚100円ならまぁいいかと。


Imgburnで読むとこうなります。

PIONEER BD-RW BDR-203 1.11 (ATAPI)
Current Profile: BD-R

Disc Information:
Status: Empty
State of Last Session: Empty
Erasable: No
Free Sectors: 12,219,392
Free Space: 25,025,314,816 bytes
Free Time: 2715:27:17 (MM:SS:FF)
Next Writable Address: 0
Supported Write Speeds: 2x

BD Disc Information:
Disc ID: TDKBLD-RBA-00


残念ながら、BDR-203では速度違反して4倍焼きできません。
BDR-203で2倍焼き&DH-4O1Sで計測したのがコチラ。
victor02_100524.png


比較用に、2009年の夏頃購入したメディアが↓
victor02_090817.png


どちらも外周が弱い&BISのエラーが多め。
少なくともウチのBDR-203では同じTDKならUAE産の方が低エラーになります。
しかしながら、1年前に焼いた物でも読めなくなったメディアはないわけですし、
もうすぐ始まるサッカーのワールドカップに向けて保存体制を整える必要があるわけで。
1枚100円ならいい買い物だったと思ってます。




UAE産TDK 4倍速データ用BD-R を検証してみました [BD-R計測]




TDKUAE_01.jpg
2010年05月08日にAmazonにてTDKのデータ用4倍速BD-Rを購入しました。
20枚で3,380円でした。
TDKUAE_02.jpg
TDKのBD-Rは次々と台湾産へ切り替わっていますが、
このデータ用BD-Rは2010年05月上旬現在まだUAE産のままでした。
BDR-205はUAE産と相性が悪い模様ですが、
ウチのBDR-203とは相性抜群なのでもう少し買いだめしておこうかと。

Imgburnで読み込んだのがコチラ


PIONEER BD-RW BDR-203 1.11 (ATAPI)
Current Profile: BD-R

Disc Information:
Status: Empty
Erasable: No
Free Sectors: 12,219,392
Free Space: 25,025,314,816 bytes
Free Time: 2715:27:17 (MM:SS:FF)
Supported Write Speeds: 2x, 4x, 6x, 8x

BD Disc Information:
Disc ID: TDKBLD-RBB-00
Disc Type: BD-R


そして、BDR-203で4倍速書き込み&DH-4O1Sで読み込んだのがコチラ

tdk_uae_4bai.png


後ろの方で1本ヒゲがでていますが、VictorへのOEM品よりも良好な結果です。
メディアの個体差でしょうけれど。




SONYのデータ用6倍速BD-Rを計測してみました [BD-R計測]



SONYのデータ用6倍速BD-Rを計測してみました。
Discの情報がコチラ


PIONEER BD-RW BDR-203 1.11 (ATAPI)
Current Profile: BD-R

Disc Information:
Status: Empty
Erasable: No
Free Sectors: 12,219,392
Free Space: 25,025,314,816 bytes
Free Time: 2715:27:17 (MM:SS:FF)
Supported Write Speeds: 2x, 4x, 6x, 8x

BD Disc Information:
Disc ID: SONY-NN3-02
Disc Type: BD-R



焼き:BDR-203(6倍速)&読み:DH-4O1S
Sony6_6.png



最初にLDCが6218ととんでもない上髭をつけていますし、
ところどころで吹き上がってます。
焼いている最中にも頻繁に速度が変化していて、なにやら不安定?


ならば、4倍速で焼いてみてはどうかと再チャレンジ
Sony6_4.png

最初に上髭が出るのは相変わらずですが、
その後の吹き上げがなくなっています。

メディアの個体差かもしれませんが、ウチのBDR-203では4倍速で使うことにします。




HI DISCの4倍速BD-Rをもう一度計測してみました [BD-R計測]



1発だけなら誤射かもしれない ので
再度中国産の HI DISC 4倍速BD-R を計測してみました。
中国産フィリップスの4倍速BD-Rメディアです。

BD Disc Information:
Disc ID: PHILIP-R04-00
Disc Type: BD-R


例によって焼き:BDR-203(1.11)4倍速&読み:DH-4O1S
・・・なのですが、そもそもマウントしません。
Imgburnで焼いた時にはベリファイも通ったのですが。

4~5回メディアを出し入れしてみたところ、マウント成功。
しかし、Opti Drive Control のスタートボタンを押してもスピンアップせずにエラーばっかり。
何度もリトライしているとようやく計測開始。
この時点で既にダメな予感が溢れんばかりです。
結果がコチラ。

hidisc_no2_001.png

保存用は無理でも配布用になら・・・なんて期待すらコナゴナです。


念のため、BDR-203とDH-4O1Sが正常に働いてるかどうかを
Sonyメディアで実験してみました。
hikakuk_sony2baisoku.png
ドライブ2台ともとくにおかしな点はなさそうです。


やっぱり中国産HI DISCは 避けるべき 避けた方がよいメディアかと。




前の10件 | - BD-R計測 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。