So-net無料ブログ作成



サッカー ブログトップ

モイーズがバルセロナに勝利!~2015年の初笑いでしたわ [サッカー]


http://jp.uefa.com/memberassociations/association=esp/domesticleague/season=2015/matches/match=200135622/live/index.html

モイーズ様が2015年の初笑いをお届けするぜ~!
なんてBorderlandsシリーズでネタキャラを出して欲しい程のFootball Genius・モイーズ監督ですが、
いきなり今年の初公式戦でバルセロナに勝っちゃいました。

しかも日頃の口癖通り、クロスを放り込んだら何が起こるか分からない。
実際バルサ側の選手が誤ってオウンゴールしちゃうなんて。


そもそもイングランドのプレミアリーグでエバートンを10年指揮してほぼ中位。
13-14シーズンに何故かマンチェスターユナイテッドの新監督に就任して、
前年度チャンピオンを率いても中位。

驚異の中位力だわ~。降格しそうなチームから見たら神様だわ~。
と冷めた目で眺めていたら、今シーズン絶不調のレアル・ソシエダがシーズン途中に迎え入れちゃいました。

モイーズ就任発表時点でソシエダは19位・1勝6分3敗と酷い成績でした。
その後暫定監督可で何故か前年度チャンピオンのアトレティコに勝利を収め、
いよいよモイーズ体制に移行後では3勝4分1敗の13位と明らかに上昇気流に乗っています。
さすが伝説の中位力。

ManUでは「選手が足りないわ~。ワールドクラスが5人は必要だわ~」とマスコミ相手に話して
ファンの不興を買った上、選手達の士気を著しく下げたりしましたが、
優勝を義務づけられたようなビッグクラブ以外では案外結果を残してくれそうな気もします。


是非この勢いでUEFAリーグ出場権を得て、
マンチェスターユナイテッドと来シーズン対戦して欲しいですわ~。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2014FIFAワールドカップGL ドイツ 2-2 ガーナ [サッカー]


途中まで正直ドイツ負けたわ、と思ってました。
メルテザッカー&フンメルスのスピードに弱いCBのみにして、
後半開始と同時に介添え役のボアテングを引っ込めた理由がよく分からんかった。怪我?

アンカーのラームも最後は前へ出て目立っていたけれど、
試合の大半はボールが収まらないわミスパスも多いわと流れを止めてました。
中盤を作るはずのケディラも動く割にミスしまくるのでチームに負担を掛けていたような。
その点エジルはうまくボールをキープして前へ運んでましたね。
自分でシュートを撃ってくれてもいいのに・・・ってのは贅沢か。


ガーナがかなり強めに当たってくるおかげでゲッツェは上手く絡めず。
先制ヘッドはお見事でしたが、それ以外はパッとしなかったような気がします。
そんな相手でもミュラーの動きは健在。
楔で背負ってからの反転とか調子は良さそうでした。
それだけに試合終了間際の流血が心配。
大事ないといいけれど。


DFラインではボアテングと交代で入ったムスタフィが同点ゴールを許してしまったのが残念。
というか、競らないならもっと身体を預けて相手を自由にさせないようにしようよ。
メルテザッカーとフンメルスは裏を狙われるわ目の前には広大なスペースあるわで
何度もカウンターを喰らってよく踏ん張ったなと。



ドイツ先制直後にガーナが同点→さらにカウンターから逆転、という流れの時は
もう完全にドイツ敗戦を覚悟していました。
ガーナの速さにぶっちぎられてばかりで、これは大量失点?なんてイヤなグレーズが脳裏をよぎりました。


でもゲッツェ→クローゼとケディラ→シュバインシュタイガーの交代が大きく流れを変えてくれて一安心。
シュバ投入で中盤に再度タメができて落ち着きが戻ってくる上、
ちゃんとポジションを取っているので危ない場面でもすぐに取り返す。
そして何といってもクローゼ。
コーナーから足の裏で押し込んで同点。通算15得点でワールドカップ記録に並んじゃいましたね。
これは凄い。



そこからは疲労と相俟ってお互いノーガードの無茶苦茶な試合になりましたが、
引き分けという結果は妥当なところ。
正直言ってガーナ強いよ。
前回大会もスアレス捨て身のハンドがなければベスト4へ進出していたハズの強豪だし、
今回も縦に速い・寄せが強いでカウンターの切れ味は抜群です。



そんなガーナですら最後は足が完全に止まってしまうくらいに今のブラジルは暑いんですね。
ドイツも終盤はもう走れない選手ばかりになってましたしね。
できればもう少し快適なところで試合をさせて欲しいよ。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2014ワールドカップGL ドイツ 4-0 ポルトガル [サッカー]


さっきまで観戦していました。
90年イタリア大会以来のドイツ代表ファンなので当然ドイツを応援しながらです。
試合開始前は代表でのゼロトップが機能したことあったっけ?とか
かなりネガティブな気持ちいっぱいでしたが、終わってみればドイツの大勝。

とはいえ点差通りの実力差があったわけでもなく、最大の敵はブラジルの気候?
ヨーロッパ各国はすぐにバテて足が止まったり怪我人が出たりと散々な国が多いわけですが、
今日のポルトガルは今のところ一番悲惨というか可哀想。

ペペの退場は自業自得でどーしよーもないですが、
スタメンFW怪我→CB退場→SB怪我とか手の打ちようがない事態。

逆にドイツの方はミュラーが好調でハットトリック。
フンメルスもコーナーから得点後、競り合い後の着地で相手に足を踏まれて大事を取って交代。
何事もなければいいんですが。



序盤はポルトガルが結構優勢でした。
中盤アンカーに入ったラームを狙って一斉に取りに行ってそのまま前線へ、
という作戦が的中して前の方でボールを保持される場面が何度も。
その後良い形で崩したりシュート撃ったりが中々出来なかったのが痛かった。

PKで先制した後ドイツは落ち着いて回せるようになって、さらにコーナーからフンメルス。
ちょっとポルトガルが焦りだしたように見えた途端にペペ退場。
正直一発レッドは厳しいだろうと思ってましたが、
リプレイ見てみると座ってるミュラーに頭突きかましてたのでコレはやむなしか。

さらに前半終了間際にミュラーの得点。
相手の背後を突くのが得意なミュラーさんらしく、
ゴール前でDFがクリア・・・したハズが後ろから足伸ばして零れたところを押し込む。
これやられた方は凹むだろうなという得点でした。


後半はもう両チームともに無理をしない流れ。
ドイツは3-0で1人多い状況。
ポルトガルは無理に取りに行っても躱されるだけ。

それでも後半のヘベデスがエリア内でポルトガル選手と接触した時は
帳尻あわせのPK判定が下るかと思ったのですが、流されてビックリ。



何よりもCロナウドの怪我の回復具合が気になりました。
いつもの元気さというか怖さが感じられなかったんですが。
怪我もあるし気候の問題もあるんでしょうか?



とにかく初戦を勝利で飾ったドイツ代表は本当に幸先良いスタートとなりました。
次がガーナで、最後にクリンスマン監督のアメリカと対戦。
できればガーナ戦でGL突破を決めて3戦目はドゥルムやギンター、ドラクスラーの誰かを試して欲しいような。
2010年のラッキーボーイになったミュラーみたいに躍進するチームの象徴となる若手が出てきたらいいなと。


あとは勝負所でクローゼさんを投入してW杯記録を更新して欲しいところ。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

デイリーメールの移籍期限タイマー [サッカー]

140128_dailymail_01.jpg
http://www.dailymail.co.uk/sport/football/index.html

もうすぐ1月も終わり移籍市場も締め切られるわけですが、
デイリーメール紙が用意したタイマーが面白い。


COUNTDOWN TO DEADLINE DAY... という言葉と共にモイーズの写真。
一見モイさんの首切りタイマーです。


いやいや、マタ加入で息を吹き返して
後半戦のManUが怒濤の10連勝とかするかもしれないのに
イギリス人の悪ふざけって面白いですわ。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Manchester United劇場~大ヒットロングラン炎上中~ [サッカー]

http://www.dailymail.co.uk/sport/football/article-2544172/Manchester-United-2-Sunderland-1-aet-agg-3-3-pens-1-2-match-report.html

http://www.dailymail.co.uk/sport/football/article-2544172/Manchester-United-2-Sunderland-1-aet-agg-3-3-pens-1-2-match-report.html

最後の望みも今朝絶たれた模様です。
League Cup準決勝にてサンダーランド相手に延長戦の末PK負け。

サンダーランドは今シーズンリーグ最下位に位置し続けているチームなのに
ManUはリーグ戦でも負けるわ今日も負けるわ・・・・。


しかも負け方も今季の黄金パターン。

香川先発でチームの調子良好

モイーズ「今日は勝ったな」
香川を交代

ManU、ボールが廻らなくなる
相手チームが中盤を支配し怒濤の反撃
ManU守備陣決壊


延長後半にサンダーランドが得点してManU敗退の危機を
終了直前にチチャリートがゴールして奇跡的に2戦合計引き分けに持ち込む死闘で
試合の展開自体は手に汗握るものでした。
降格争い真っ最中のチームと昨季優勝チームが互角の戦いを演じているという奇妙さはありますが。


いくら出場機会が欲しいからってこんなチームに来ることになって
マタは後悔してないんだろうか?
それ以上に、60億円もだすなら違約金を払ってでもモイーズ一派を解任して
この際マガトでも呼んで一からやり直した方がまだマシだろと。




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2013年のバロンドールにCロナウド [サッカー]

http://jp.uefa.com/memberassociations/news/newsid=2043960.html

2013年のバロンドールが発表されました。

メッシ
Cロナウド
リベリ

最終候補3人から選ばれたのはクリスティアーノ・ロナウド。
おめでとうございます。

選ばれたプレーヤーが歴史に残る選手には違いないんですが、
2010年に現バロンドールに統一されてからは正直ツマラナイですね。
・バロンドール=記憶に残る選手
・FIFA最優秀選手=記録に残る選手
って色分けがあった時代の方が面白かったように思います。

個人的にバロンドールは
・2013・・・バイエルンの誰か
・2012・・・ドログバ
・2011・・・バルセロナの誰か
・2010・・・スナイデル
こういう風に見てました。

バロンドールは獲得したタイトルと印象的なプレーを中心に評価されていて、
シーズン得点記録等はFIFA最優秀選手の方に任せていた時代の方が好きでした。
・・・とは言え99年のリバウドや01年のオーウェン辺り全然納得いかない受賞もありましたが。

冷静に振り返ってみると05年劇的なCL決勝を制してもリバプールからバロンドールは出なかったわけだし、
00年のフィーゴ受賞にはルイコスタが必死の選挙活動をしたって言ってたし、
ファンとしてそれほど拘る賞ではない気もしてきたりして。


何が言いたいかというと、
2012/13シーズンのバイエルンはハインケス時代の集大成を見せつけて
バルセロナ相手に4-0、3-0の完勝までしたのにバロンドールが出なくて悔しいわけです。

ロッベン・リベリの両翼も鬼の形相で走り回ってたし、
相手がアラバをかわして深くえぐったつもりでも即リベリがカバーしてたし
それは逆サイドでも同様で、ここまで隙のない完璧なチームから選んでやれよと。



Cロナウドも好きなんですけどね。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

マンチェスターユナイテッドvsシャフタールの結果 [サッカー]

http://www.bbc.co.uk/sport/0/football/24354466
http://www.bbc.co.uk/sport/0/football/24354466

ラッキーゴールで17分にユナイテッド先制後いきなり守備的になって逃げ切りを図る
・・・って、早すぎるよその判断。
受け身に回ってもフィジカル軍団なら大丈夫と考えたのでしょうか。

その後は当然シャフタールが攻める。
そりゃホームなんだし負けてるし攻め込んできて・・・ユナイテッド決壊。

結果は1-1の引き分け
ポゼッションは57:43
シュート数は6:4
うち枠内は2:1
全部左側の数字が大きい方がシャフタールです。


守備的にいって守り切れたこと無い気がするモイーズユナイテッドですが、
終盤は勝ちに来たシャフタールに対してどん引きでよく凌ぎぎったと評価すべきでしょう。
絶対やられると思ったし。


去年はチェルシーやユベントスとも互角に渡り合ったシャフタールを相手に
敵地で勝ち点1を持って帰ることが出来た・・・と結果だけ書くと高評価みたいですが、
相変わらず型が見えないままの内容ではManUの今後はどうなることか。

今みたいなスタイルやるならアラーダイスを呼べば良かったのに。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ナポリ戦後のロッカールーム:アーセナルは雰囲気良さそうです [サッカー]

http://www.dailymail.co.uk/sport/football/article-2440779/Arsene-Wenger-praises-amazing-fantastic-Mesut-Ozil-display-Arsenals-2-0-win-Napoli.html
http://www.dailymail.co.uk/sport/football/article-2440779/Arsene-Wenger-praises-amazing-fantastic-Mesut-Ozil-display-Arsenals-2-0-win-Napoli.html

チャンピオンズリーグGLでのナポリ戦を2-0で終えた後の
アーセナルのロッカールームが明るくて良い雰囲気です。

エジルが加入直後から好調だわ、
ジルーがとうとうフィットして順調に得点を重ね始めたわ、
ずっとヴェンゲルが使い続けたラムジーがようやく覚醒したわと順風満帆です。
ここにカソルラが帰ってきたら、さらに流れるような展開になるんでしょうかね。

まだまだ序盤だけど、今年のプレミアはアーセナルが本命ですかね?




nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

キャラガーとネヴィル兄の解説動画を見たら、モイーズ監督も被害者な気がしてきた [サッカー]

http://www.nicovideo.jp/watch/sm21552108
http://www.nicovideo.jp/watch/sm21552108

キャラガーとガリー・ネヴィルが試合の解説をしている動画を見たんですが、
香川やチチャリートだけでなくモイーズ監督も被害者のような気がしてきました。


ネヴィル「ManUは4-4-2!ワイド!クロス!」
キャラガ「序盤は強豪相手も多いし、中央を厚くしてもいいんじゃ・・・」
ネヴィル「ワイドに開くの!」

ガリー兄さんはイングランド代表デビューが日本戦なこともあって割と好きな選手だったんですが、
なんかこの解説の時は怖かった・・・。
狂信者とまではいかなくても他の意見に耳を傾ける余地はない!って具合で、
そういえば去年ファーガソン監督が香川選手を獲得しようとしたとき
フロント陣や関係者が猛反対したって話もよく分かるというか。

攻撃陣にはサイドに張ってクロスを入れられる選手か中央で合わせられる選手しか要らない、
って歴代OBたちは考えているんでしょう。きっと。


それ一辺倒じゃダメだって判断したファーガソンがチームの一大改革に乗り出して
香川を獲得してさぁこれからって所で辞任したのも、
辞めさせられた?とか疑ってしまいます。



そこで新監督に就任したモイーズ。
ここまでワイド一直線で中盤スカスカな人でしたっけ?

キャラガ「エバートン時代のモイーズは中も外も普通に使い分けていたよね?」
ネヴィル「ManUのスタイルは哲学。モイーズはチームに馴染んで貰う」


ガリー兄さんくらい若くて最近までプレーしていた選手でこの考えなら、
歴代のManU OBのみなさんはコテコテのワイド志向なの?
ひょっとしてモイーズは戦い方について思いっきり束縛されてるのん?


そうでも思わんと、あの人選も采配も理解不能です。


監督に就任した以上、フロント含めOBや関係者からの圧力を跳ね返すのも仕事ではありますが、
プレミアで優勝経験などない弱み?があるからモイーズは反論できずに
ワイドでクロスって言われるままに戦ってるんかね。



もしもこんな陰謀論めいた事実があったとしても
選手への配慮に欠けた発言をしまくってるモイーズを好きにはなれませんが。

こんなに書いておいて全部私の妄想で申し訳ない。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

イングランドでモイーズ監督辞めないで!キャンペーンとか [サッカー]

http://www.dailystar.co.uk/sport/football/341560/Moyes-in-Liverpool-Arsenal-and-Chelsea-fans-launch-campaign-to-save-Man-Utd-boss
http://www.dailystar.co.uk/sport/football/341560/Moyes-in-Liverpool-Arsenal-and-Chelsea-fans-launch-campaign-to-save-Man-Utd-boss

チャンスを作っていた香川選手を前半のみで下げるという意味不明な采配で
流れを完全に断ち切って敗戦を喫したマンチェスター・ユナイテッドのモイーズ監督ですが、
プレミアリーグのファン達はまだまだ監督続投を願っている様子です。
・・・ライバルであるリバプールやアーセナル、チェルシーなどのファンが。




マンチェスターダービーで大敗。
途中で勝負を諦める?交代枠も1つしか使わない。

対リバプールのカップ戦
批判に応じて?チチャリート、ナニ、香川にエバンスと干してた連中をまとめて先発。
中盤にタメやリズムが出来て勝ってしまう。
先制直後に香川とチチャ交代は監督のイヤガラセ?とか邪推してしまう

対WBA
前半香川がサイドに張らず、何度かチャンスを作る
後半頭から香川outヤヌザイin→ヤヌザイは外に位置してずっと消えてた
リオのお粗末な守備もあって1-2で敗戦



香川選手はモイーズ監督に嫌われてる?というのが正直な感想。


プレミアリーグ創設以来、最低の成績で3位という化け物みたいなクラブが
長期政権が終わった途端に12位なんて想像もしてませんでした。



去年の今頃は、
「いやいや香川はこの位置で~」なんて考えながらFIFA13で遊んでいましたが、今年はゲームなんて不要。
マンチェスター・ユナイテッドの試合が破綻しすぎて予想もつかない展開ばかりで
エンターテイメント性に富んでいますから。

その上、選手が悪い~とか即戦力がたくさん必要だ~とかモイーズ監督の発言もキレてるし。
さすがルーニー相手に訴訟を起こしたほどの人物です。


去年のガンバを思うと、監督交代を躊躇った挙げ句降格なんて未来も予想できるのですが
マンチェスター・ユナイテッドのフロント陣はどーする気なんでしょうね?




nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
サッカー ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。